BitZeny logo

BitZeny Contest -2018-

作品の応募 - 動画部門 -

応募条件

下記仕様をご確認の上、ご応募ください。
上記条件をご了承いただける方のみ応募をお願いいたします。

提出データ

■解像度
1920x1080px

■フレームレート
24fps、30fps、60fps

■エンコード形式
映像:h.264
音声:AAC、AAC-LC

■ビットレートの目安
3000kbps~8000kbps

■動画の長さ
15秒~180秒(最大BGMの長さ)

■使用可能なBGM
BitZenyコンテストBGM部門最優秀作品及び使用可能作品
動画部門で使用可能なBGM一覧

■ファイルタイプ
.mp4

■応募方法
上記条件で作成したデータをYoutubeにアップロードし、
共有URLを記入してください。
例:https://youtu.be/●●●●●●

YouTube

■選考後の最終データについて
上記仕様のデータのご提出をお願いいたします。

コンテスト応募規約 (動画部門)

コンテスト応募への応募にあたり、応募規約への同意が必要です。
同意いただけない場合はコンテストにご応募いただけません。

コンテスト応募規約(動画部門)

第1条:用語の定義について

1.この規約に使用される用語の定義は次のとおりです。

・「当ページ」・・・「BitZeny Contest 2018」( https://bitzeny.world/
・「当コンテスト」・・・当ページにて開催される動画部門のコンテスト
・「当プロジェクト」・・・当コンテストを主催する団体
・「応募者」・・・当コンテストに作品を応募する方
・「応募作品」・・・当コンテストに応募された作品
・「入賞作品」・・・当コンテストにおいて賞金を授与する対象とされた作品
・「最優秀作品」・・・応募作品のうち当プロジェクトの定める方法により最も優れた作品であると認められた作品
・「入賞者」・・・入賞作品を応募した方
・「最優秀作品受賞者」・・・最優秀作品として選ばれた作品を応募した方
・「反社会的勢力」・・・暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等の構成員、その他これらに準ずる者、暴力的行為、詐術・脅迫行為、業務妨害行為等違法行為を行う者またはこれらの立場、行為を行う可能性があると当プロジェクトが判断する対象
・「知的財産権」・・・知的財産基本法第二条によって定義されるすべての権利

第2条:この規約(以下「本規約」という)について

当コンテストに作品を応募するためには、本規約への同意が必要です。当プロジェクトは、応募があった場合、本規約のすべてにご同意いただいたものとみなします。

第3条:応募者、応募作品の条件等について

1.応募者の条件は次のとおりです。年齢・国籍は問いません。
・自然人であること
・反社会的勢力でないこと
・未成年の場合、親権者の同意を得ていること
2.応募作品の条件は次のとおりです。
・応募者自らの創造的活動によって新たに生み出され、かつ未公開のものであること
・諸法令、公序良俗に反する内容となっていないこと
・第三者の知的財産権、人格権その他の権利を侵害する内容でないこと
・データの形式等について、当ページ記載の条件を満たすこと
3. 応募作品に使用可能なBGMはBitZenyコンテストBGM部門での最優秀作品に限ります。ただし当プロジェクトが当ページ上で使用可能と明示したBGMがある場合はこの限りではありません。
4.第三者が創作した素材について、それらに関する全ての知的財産権(著作権については著作権法第27条及び第28条に規定される権利を含む。以下、同じ。)について、無条件かつ無期限の許諾を得ているものに限り、応募作品に利用することができます。いわゆる「フリー素材」には使用条件や使用期間が定められているものがありますが、それらを応募作品に使用することはできませんので、ご留意下さい。
5.応募者が当コンテストに応募するために必要な通信費その他一切の費用は応募者が負担するものとします。
6.応募可能な作品数は一人1作品までとなります。
7.応募方法(募集要項)については、当ページに記載のとおりです。
8.最優秀作品受賞者(次条第3項に基づき最優秀作品の次点入選した作品の応募者を含む)は、自らの応募作品について第三者から知的財産権侵害の主張、訴訟等の提起があった場合、その対応を自らの責任と費用負担のもと行っていただく必要があります。

第4条:最優秀作品に関する知的財産権の利用許諾等について

1.最優秀作品受賞者は、当プロジェクトが最優秀作品を発表した時点において、当プロジェクト代表者に対して、最優秀作品に係る知的財産権の利用を許諾し、かつ当該利用に関し、当プロジェクト代表者が第三者に再許諾することを承諾するものとします。
2.前項の利用許諾は、取消不能かつ無期限とします。
3.最優秀作品受賞者は、当プロジェクト代表者及び同人から再許諾を受けた者に対して、最優秀作品に係る著作者人格権のすべてを行使しないものとします。最優秀作品は、必要に応じて変更・修正等がなされますので、ご了承下さい。
4.最優秀作品以外の応募作品に関する知的財産権は当該応募作品の応募者に帰属します。ただし最優秀作品の次点入選した作品の応募者については、万が一、最優秀作品に知的財産権等に瑕疵がありその変更を余儀なくされた場合に備え、その応募作品に係る知的財産権及び付帯する一切の権利について、最優秀作品受賞者公表から6ヶ月の間、第三者に対して利用許諾、譲渡又は担保に供しないものとします。変更を余儀なくされる事態が生じた場合は、次点入選した作品が繰り上がって最優秀作品となるため、当該作品の応募者は、本条第一項乃至第三項に沿い著作権の利用許諾等を行うものとします。その場合の賞金については当プロジェクトとの間で別途協議を行うものとします。
5.最優秀作品受賞者は、応募作品として当コンテストに提出したデータ形式とは別に、元データとして当ページに記載の形式によるデータを提出ください。
6.最優秀作品受賞者は、最優秀作品を第三者に対して利用許諾、譲渡又は担保に供しないものとします。本項の義務は無期限(=永久)です。
7.応募者は応募後に応募を取り消すことはできず、入賞者は入賞後に入賞を辞退することはできません。


第5条:審査方法、賞金の授与及び最優秀作品受賞者の内定の際の個人情報について

1.審査方法及び賞金の額については、当ページに記載するとおりです。なお同着だった場合、当プロジェクトにて協議し定める方法によって同着分に関する入賞作品の順位及び賞金を決定します。
2.入賞者は、当プロジェクト所定のタイミングにおいて、当プロジェクトに対して、賞金受領用のBitzenyアドレスを通知し、当プロジェクトは当該アドレスに対して賞金を送金し、当該送金をもって賞金の授与とします。
3.前項に加え、最優秀作品受賞者は、受賞決定後、権利関係の明確化及び規約の実効性の担保のため、当プロジェクト(または当プロジェクトが指定する者)に対して、身分証明書の電子データ(スキャンしたデータ)を提出するものとします。最優秀作品受賞者が未成年の場合は、親権者の同意書の電子データもあわせて提出するものとします。
4.当プロジェクト(または当プロジェクト内の特定の者)は、受領した個人情報を当コンテスト運営のためにのみ使用し、第三者への開示及び漏洩はいたしません。

第6条:入賞の無効について

1.以下の場合、入賞が無効とされる場合があります。
・最優秀作品受賞者が所定の期間内に身分証明書(未成年者の場合は、身分証明書及び親権者の同意書)を提出しない場合
・入賞作品が第三者の知的財産権、人格権その他の権利を侵害している若しくは侵害している可能性が高いことが判明した場合
・当プロジェクト側に過失なく、入賞者と一定期間連絡が取れない場合
・その他、応募者が本規約に違反していた場合
2.応募者が賞金を受領した後に、入賞が無効となった場合、応募者は速やかに賞金を当プロジェクトに返金するものとします。
3.入賞が無効とされた場合の他の作品(当該作品より低順位の作品)の順位については、これを繰り上げるか否かを含め、当プロジェクトにて協議し決定するものとします。

第7条:禁止事項について

応募者について、次の行為を禁止します。
・YouTube( https://www.youtube.com/)の定める規約に違反する行為
・有害なコンピュータプログラムのアップロード・送信などにより当コンテスト、当プロジェクトまたは第三者に損害を与える行為
・当コンテスト、当プロジェクトの名誉を害する行為
・応募または入賞にあたり知り得た公でない情報について漏洩する行為
・本規約に抵触する行為(応募時または応募後に抵触する状態となった場合を含む)
・上記各事項の他、当プロジェクトが不適切であると認める行為

第8条:反社会的勢力の排除について

1.応募者は、反社会的勢力に該当しないことを現在及び将来にわたって保証するものとします。万一これに違反した場合、当プロジェクトは何らの通知または催告なしに対象者の応募を取り消し、または入賞後にあってはこれを取り消すことができます。これらの措置により違反者に損害が生じたとしても当プロジェクトは一切の賠償責任を負いません。

第9条:契約上の地位等について

1.応募者は、当プロジェクトの書面による承諾を得ることなく、当コンテストへの応募に関連する地位及び債権債務を第三者に譲渡又は担保に供してはなりません。
2.応募者は、応募から当コンテストにおける入賞作品の公表までの間、応募作品に係る知的財産権及び付帯する一切の権利を第三者に対して利用許諾、譲渡又は担保に供してはなりません。

第10条:運営の中止、中断について

1.当プロジェクトは、以下の場合には、応募者に断りなく当コンテストを中止又は中断する場合があります。
・天変地変、戦争、法改正、停電、公権力による命令・処分等の不可抗力により当コンテストの運営が困難となった場合
・当プロジェクトにおいて第三者の権利保護のため必要があると判断した場合
・その他、当プロジェクトがやむを得ない理由によって当コンテストの中止又は中断を要すると判断した場合

第11条:ウェブサイト上の表記と本規約との関係について

当ページにおける応募及び入賞に関する表記と本規約の内容が矛盾抵触する場合は、本規約が優先して適用されるものとします。

第12条:存続条項について

理由の如何を問わず当コンテストが終了した場合においても、本規約のうち、第2条乃至第9条、第11条、第13条、第14条、第15条及び本条については、なおも有効に存続するものとします。

第13条:規約の変更について

本規約は、やむを得ない事情により応募者への事前通知又は承諾なしに変更する場合があります。変更の内容については当ページにてお知らせいたします。

第14条:準拠法について

本規約に関連する一切の事項は日本国の法律に準拠するものとします。

第15条:合意管轄について

本規約に関連する一切の紛争については、訴額に応じて東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

本規約作成人:行政書士法人 Asumia、弁護士 招き犬

日本語と英語で規約の内容が異なった場合は、日本語の内容と正とします。