BitZeny logo

BitZenyコンテスト開催要項

2018年1月22日より BitZenyコンテストを 開催いたします。
本イベントは、 ロゴ部門、 BGM部門、 ムービー部門の 3部門で 作品の募集を行い、
各部門上位 入賞者 および参加者に BitZenyを 授与いたします。

賞金

1st1位 5,000 ZNY
2nd2位 4,000 ZNY
3rd3位 3,000 ZNY
4位 2,500 ZNY
5位 2,000 ZNY
6位 1,500 ZNY
7位 1,000 ZNY
8位 500 ZNY
参加賞 3.9 ZNY
(ロゴ部門のみ先着100名)

各部門ごとに上記の賞金が贈られます。
投稿は各部門1人2回まで、 参加賞授与は 初回投稿時のみとします。

ロゴ部門の 最優秀作品につきましては、
正式にBitZenyのロゴとして採用 させていただきます。
上記とは別に 40,000ZNY(約95万円相当 )+α
BitZenyコンテスト 協賛者から コンテスト運営を 通じて 送られる予定です。 ※2018/1/3時点

ロゴ部門

作品応募期間
2018/01/22〜02/05

BGM部門

作品応募期間
2018/03/05〜03/12

動画部門

作品応募期間
2018/04/09〜04/30

※ご応募に際しての権利面等について

1.応募作品に 関わる権利面等に ついて、 現在、 規約策定を 進めています。 応募者さまと Bitzenyの隆盛、 両方にとっての 最善のカタチを 検討しています。 コンテスト作品 募集開始時点には きちんとした形で 掲示いたします。 お待たせして 心苦しく 思いますが よろしく ご理解のほど お願い申し上げます。

2.応募作品の 条件として 「未公開であること」 が入る予定です。 応募をお考えの作品は 応募前に ネット等で 公開なさいませんよう、 ご留意ください。

LOGO CATEGORY

ロゴ部門

ロゴ部門

BitZenyの ロゴとして 今後公式ロゴとして 使用する ロゴイラストを 募集します。 公式サイト ご覧いただき、 BitZenyの コンセプトに ふさわしい クリエイティビティ あふれるロゴを ご応募ください。

募集期間: 2018/01/22~2018/02/05
1次投票・審査期間(予定): 2018/02/19~2018/02/26
1次投票結果発表(予定): 2018/03/04
2次投票・審査期間(予定): 2018/03/05~2018/03/12
2次投票結果発表(予定): 2018/03/17

応募要項 ロゴ部門結果発表

BGM CATEGORY

BGM部門

BGM部門

BGM部門では 「和」をモチーフにした 楽曲を 募集します。 楽曲の長さは 40秒~180秒の 間でお願いします。 世界中に BitZenyの 世界観を 轟かせるような 曲を お待ちしております。

募集期間(予定): 2018/03/05~2018/03/12
投票・審査期間(予定): 2018/03/19~2018/03/25
投票結果発表(予定): 2018/04/01

応募要項 BGM部門結果発表

MOVIE CATEGORY

動画部門

動画部門

動画部門では、 上記でのロゴ、 BGM作品の 最優秀作品を 使った動画を 募集します。 動画に関しては 詳細な投稿要件が ございますので 別途ご説明いたします。

募集期間(予定): 2018/04/09~2018/04/30
投票・審査期間(予定): 2018/05/07~2018/05/14
総括(予定): 2018/05/20~2018/05/27

応募要項 動画部門で使用可能なBGM一覧 動画部門結果発表

BitZeny logo
BitZenyって何?

CPUマイニング

CPUでマイニング可能

BitZenyの最大の特徴は普通のPCでCPUマイニングができる点です。多くの暗号通貨はGPUやASICを使ってマイニングされているため、 専用機器に投資できる一部のマイナーによる寡占状態となります。BitZenyはGPUやASICでの採掘が難しく、CPUマイニングに適したアルゴリズムを採用しています。

日本刀

日本生まれの暗号通貨

BitZenyの歴史は2014年11月に遡ります。 だれでも手軽にマイニングできる暗号通貨を目指し、Bitcoinのクローンとして日本国内の開発者によって誕生しました。通貨単位はZNY、総発行枚数は2億5千万枚と上限があります。

渋谷

活発なコミュニティ

CPUマイニングによって個人でも利益が生み出せる構造のため、BitZenyのコミュニティはマイナーによる賑わいを見せています。また、「ぜにぃ姫」やBitZeny決済可能な飲食店などをはじめとし、 BitZenyに関する様々な機能やサービスが次々開発されており、 マイナーのみならずホルダーも楽しめる世界が広がりつつあります。